★★ランニング初心者がやりがちな膝の故障を防ぐ為にパート1★★

怪我・故障・トラブル

★★ランニング初心者がやりがちな膝の故障を防ぐ為にパート1★★

 
ジョギングを始めてあなたはこんな事で悩んだり、
 
困っていませんか?

 
走り始めた人が最初に痛めるのが、膝!

私も初心者の頃、膝の故障に悩まされました。


治ったのかなと思ってチョット走ると、

また痛くなるんですよね。


走り込んだ人に起こりやすいトラブルも膝です。


そのほとんどの原因が

「筋力不足」と「フォーム』ですね。


つまり、持っている実力以上のものを

引き出そうとしたために起こります。
 
 
事と、走るフォームに問題がある時に
 
膝の痛みが出やすいです。


初心者のあなたが特に注意する点が

今の自分の実力が分かっていなく、

自分の力を過信してしまうからです。
 

例えば

「昔スポーツをしていたから大丈夫!」

「まだ若いから大丈夫!」

「スポーツ・運動には自信がある。」

「この位は平気だよ。キット!」


こういった過信と言うか、今の実力と自分のイメージの

ギャップが故障を招く事が多いのです。


特にランニングの着地時の衝撃は、

体重の3~5倍にもなると言われています。


長距離、あるいはスピード走ではそれだけ

身体、筋肉、関節への負担は大きくなります。
 

ですから筋力が弱ければ、数百kgという衝撃が

何度も何度も関節(膝)に直接に行ってしまうため、

故障が起きても不思議ではないのです。


多くの初心者ランナーがここで躓いて
 
ランニング(ジョギング)を諦めてしまう方が
 
多いのも事実です。
 




では、どうしたら膝の故障を防ぐ事が
 
出来るのでしょうか?


故障を防ぐ方法としては以下の方法があります。
 



(1) 脚の筋力を強化する。


特に大腿四頭筋(太ももの全面の筋肉)を強化する。


負荷は軽く、回数を多くするのがポイント。


さらにハムストリング(太ももの裏側の筋肉)の

ストレッチングを十分に行う。




(2) 軽くて薄いレース用シューズは避ける。

筋力に合わせたクッション性と
 
安定性のよいシューズをはく。

最初は舗装路などの固い路面は避け、

足に柔らかい土の上を走るようにする。




(3) 体重の重い人は減量する。

無理な減量はせずに最初はウォーキングなどの

有酸素運動から始めて体力UPと筋力UPと減量を

同時に始める事が理想。




(4) 上下動の大きなフォームを改める。

着地時の衝撃の少ないなめらかなフォームにする。


いかがですか?以上で主な改善方法ですが、

理解は出来ましたでしょうか?
 

難しいですよね!これだけの説明では・・・

確かに文字だけの説明では、
 
何をどうすれば良いのか

具体的に体をどのようにして動かすのかが
 
分からないですよね。


先ず、あなたが行う事は、走る距離を減らし、

スピード練習を控え、
 
タイムへのこだわりを捨てて、

体作りからされる事をお勧めします。


出来れば、最初のうちはランニングに
 
なれた方に教わるか、

若しくはお近くで開催されている
 
ランニングスクールなどへ

行って教えてもらう事をお勧めします。

 
最後にフォームについては下記のタイトルをクリックしてください。

 
お楽しみに!!

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ